「中の人」に興味がないあなたのための22/7の基礎知識

22/7ってなに?

「デジタル声優アイドルグループ」*1をはじめとしたいろいろな呼称はありますが、概ね『ラブライブ!』や『温泉むすめ』、『ツキノ芸能プロダクション』といった、ソーシャル・コンシューマーゲームを中心としていない二次元アイドルプロジェクトを想像していただければ問題ないと思います。
形態で考えるなら一番近いのはVRアイドルの『えのぐ』かもしれません(『えのぐ』は中の人の顔出しはしていませんが)。

メンバーは?

こちらを参照してください。*2
ichigocage.hateblo.jp

製作・関係者は?

一部のオタクの間で悪名高い秋元康がプロデューサー。1st、2ndPVの制作はタツノコプロ、3rdPVの制作は白組が行っています。
メンバー毎に異なるイラストレーターがキャラクターデザインとして起用されています。詳しくは22/7メンバーの初期設定についての個人的なメモ - death not visitedをご覧いただければと思いますが、非常に豪華な顔ぶれです。
3Dモデルや2DアニメによるキャラクターPV(後述)の元となる統一されたキャラクターデザインは、堀口悠紀子が行っています。
キャラクターPVのアニメーション制作はCloverWorks、監督は若林信、作画監督堀口悠紀子さんが担当しています。

どんな活動をしているの?

タイトル曲PV

1st~3rdシングルそれぞれのタイトル曲PVがフルサイズでYoutubeにアップされています。こちらは3rdシングル『理解者』のPV(制作:白組)。

22/7 『理解者』music video
全編3Dモデルで製作されたこの楽曲PVを見てみると、だいたいの雰囲気がつかめるかと思います。曲調は欅坂46に近いと言われていますが、明るいはずの2ndシングルにも漂っている暗いイメージは近年のNGT48やSTU48に通じるものがあるかもしれません。

キャラクターPV

3Dモデルのダンスはちょっと……という方におすすめなのがキャラクターPV。今のところ、7人分がYoutubeにアップロードされています。

22/7「あの日の彼女たち」day07 戸田ジュン
短い尺ながら、これでもかと美麗なアニメーションが堪能できる上に百合要素もある(百合要素しかない?)ので、個人的には一番おすすめのメディアミックスです。

SNS

英語堪能な帰国子女・藤間桜を皮切りに、メンバー4人がYoutuberデビューしています。アップされているのはYoutuberというにはきっちり台本を作り込んだ動画なので、Youtuber的ノリが苦手……という方も一度は見てみると楽しめるかもしれません。

【22/7】はじめまして佐藤麗華です【佐藤麗華】
メンバー同士によるツイッターアカウントでの絡みもこれから増えるかも?


なお、メンバーの残り4人(2018年9月20日に追加された3人も含めれば7人)がまだYoutuberデビューしていないのは、単純にモデル製作上の問題かと思います。22/7は、PV・Youtuber・冠番組でそれぞれ異なるモデルを使っているのです。

TV番組

最後にご紹介するのは、その冠番組『22/7 計算中』。地上波ではTOKYO MXで毎週土曜夜23:00~23:30に、BSではBS11で毎週水曜深夜1時00分〜1時30分に放送されています(BS11は一週遅れ)。
f:id:ichigocage:20181007221253j:plain
声優さんたちのモーションをキャプチャした3Dモデルのキャラクターたちが、MCの三四郎とかけあいをしたり、時には街に飛び出したりもする不思議な雰囲気を持ったアイドル番組。
f:id:ichigocage:20181007221304j:plain
実は、8人ともが動き出したのは最近のことで、放送第1回は8人中4人がイラストパネル風に登場していました。
というわけで、いま見始めるのがおすすめだったりします。追加組の3人の3Dモデルの登場にも期待が持たれる番組です。


以上、22/7の、「外の人」が関連する活動を軽くまとめてみました。活動量の多い声優さんたちを追いかけるのはたいへんな節があるので、デジタルアイドルのメンバーだけを追いかけてみるのもひとつの楽しみ方かもしれません。いずれにせよ、22/7を気に掛ける方がひとりでも増えることを願ってやみません。

*1:22/7 | Aniplex | アニプレックス オフィシャルサイト

*2:なお、2018年9月20日にメンバーが3人追加発表されましたが、プロフィール未発表のため、割愛しています。